FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
誰かに 殴る蹴るの暴力を受けたら

私はその怒りや傷つきを

加害者に

ぶつければいいかも知れません

だけど






誰にも被害を受けていないのに

感じる怒りは

どこへ ぶつけたらいいのでしょう?

自分で勝手に転んだら

そのとき感じる

自分への怒りや痛みは

誰に ぶつければいいのでしょう?





空に向かって 叫んでも

何も返っては来ないし

家の中で 叫んでも

誰も 答えてはくれません






持って行き場のない怒りは

いつまでも抱えていないで

土の中に 埋めましょう

そしたらきっと

冬眠中の虫たちが

怒りを全部

食べ尽くしてくれるでしょう





そうして

春になって咲いた

花に

もう怒りは ないでしょう

この空に生まれ出た

清々しさの花が

真白い花びらを

広げるでしょう




晴れた笑顔の空が

笑顔になった私を

優しく 見下ろしてくれるでしょう






私たちは皆 

繋がっていることを

春になって

私は

改めて 知るでしょう







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/12/08 17:14】 | 感情の発露
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック