FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
私は

幸せを 求めない

幸せになったら

いつ不幸になるか

わからない不安に

苛まれるから





私は

幸せを求めない

幸せと不幸は

常に

隣り合わせだから





私は

楽 を求めてる

苦と隣り合わせの楽じゃなく

苦しんで

苦しんで

苦しみ抜いた そのあとに

苦を超えた

一元のの楽を




そしたら

もう怖いものはない






私は 虫と同じ

生きものになるのだから

この世は 所詮

仮の宿なのだから






ただ自然に 生かされるまま

のそのそ歩いて

ただ太陽に 生かされるまま

ゆらゆら揺れて






苦しみは

自ら作っているだけ

世俗の私が

どうであれ

苦しみを 作り出しているのは

私自身






それを心底

感じられたら

私は 楽に

なれるのに






一元の楽に

辿り着けたなら

秋は

はらりと落ちる

木の葉に 涙し

春には

芽吹きを 喜べる

私は

この身に 何も

持たないから





そう

この身に何も持たなければ

一元の楽に

きっと

辿り着けるはず





多元宇宙の中で

一元の楽を 生きる








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/11/15 16:07】 | 考えるより感じること
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック