FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
亡霊たちと

遊ぶ部屋は

生ぬるくて

暖かい





電線に止まった鳩が

私を見下ろしている

鳩の視線が

私の存在を

教えてくれる





亡霊たちと

遊び過ぎたから

私は自分の 実在を

疑うようになったのか




亡霊たちは

誰の目にも 映らない

私の姿も

誰の目にも 

映らない気がして





メールを打っても

返信はない

電話をかけても

誰も出ない

私は ここに

いないのだろうか






鳩が飛び立つ

私は どこにも

いなくなる





不安な魂だけが

暖を求めて

彷徨うばかり










ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/11/13 15:54】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック