FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
水の玉が

幾つも幾つも

窓を 這う

電線に

水の玉が 

幾つも幾つも

連なっている

気がつけば 雨






涙を

心の奥底に封印している

私の代わりに

空が泣いてくれると

人々が

私の悲しみを

知ってくれるようで

なぜか どこか

有り難い






傘も 役に立たないほどの

土砂降りで

みんなの服を

濡らすだけの涙を

そうよ 私は

心に 持っているの






冷たいでしょう?

悲しいでしょう?

街中を濡らすだけの 涙を

そうよ 私は

心に 持っているの





空が 号泣している

空が 号泣している





雨は

私の心を いつも

代弁してくれる





空が 号泣を始めると

私は

宇宙を感じることができる

自分でも 計り知れない

この

心の奥底の 宇宙を









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/11/02 16:45】 | 感情の発露
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック