FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
消え失せるには

早過ぎて

夢を追うには

遅過ぎた





ハンパもんが

ハンパな時代を

中途ハンパに

生きている





自責の積木を

積み上げては

崩し

積み上げては

崩し

ハンパな遊びを 繰り返しながら





この ハンパな人生が

明日 終わるのか

30年後に 終わるのか

それは

誰にも わからない





きっと 私は

煙草を吸いながら

掃除機をかけながら

いつか 終わっていくのだろう





だけど

灰になっていく煙草を

指に挟んだまま

息絶えても

私に

悔いは 何もない





こんなハンパな私でも

苦しいだけの人生を

ハンパなく 精一杯

生きたから

頑張って 

生きたから





だから

私に 悔いはない










ぽちに救われる私がいます。


にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/10/20 18:15】 | いのちの桜
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック