FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
自分の歴史を遡る旅は

過去へ

過去へ

そして 私の誕生まで

戻る 旅





時計の針が

逆さに回り

私は

若い頃へ

少女の頃へ

幼い頃へ

そして 新生児まで






旅の途中途中で

私は自分の

思いがけない傷を見る

こんな所で つまづいて

怪我をしたから

右へ行くべきところを

左へ行ってしまったのだと

気づく




こんな所に

深い傷を負ったから

無垢なファンタジーを

持ち続けているんだと

気づく






痛くて

痛くて

たまらないから

ファンタジーに 耽る




だけど

無垢なファンタジーは

同時に

孤独を呼び

寒さを呼び

秋の冷たい

風を呼ぶ





誰か

この

無垢なファンタジーから

抜け出す方法を

教えて




誕生したばかりの

私の泣き声が 聞こえる

それは

赤ん坊の 

あの激しい泣き声ではなくて

小さく 悲しげな

まるで この世を憂うような

泣き声だった





それでも私は

自分の歴史を遡る旅を

続けてる

痛いままじゃなくて

傷が癒える

その日まで










ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/10/18 18:14】 | 精神療法
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック