FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
主観という

フィルターを通して見る

木々は

いつも はだか木

主観という

フィルターを通して見る

大地は

いつも 血の色

主観という

フィルターを通して見る

空は

いつも 闇






ひとは なかなか

フィルターを外せない

だから

ひとの数だけ

現実の世界がある





だけど 私は

できればフィルターを外して

この世界を見たい

木そのものの姿を

大地そのものを

空そのものを

現実そのものを見たい






だって

フィルターを外して

見る世界は

きっと

あらゆる色に満ちて 

輝いているはずだから 







現実は

自分が思っているほど

苦しいものばかりでは

ないはずだから





私のフィルターは

長年の汚れで

世界そのものを

余計に見失っている





私は見たい

汚れたフィルターを外して

本物の空の 青を









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/10/16 18:50】 | 深層心理
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック