FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
「あなたは真面目だね」
と言われると、私はいつもがっかりする。

相手は褒め言葉として
言ってくれてるのだろうけど
私にとっては 真面目 なんて
全然嬉しくもない。

つまんないじゃない?
真面目だなんて。

真面目というのは
「いつも本気であること」
「嘘や冗談のないこと」
なんだって。

ほらね、嘘や冗談がない なんて
私には考えられない。

嘘にもいろいろあって
例えば職場の面接で
「応募の動機は?」と聞かれて
「え?どうきってべつに。
ただここ、給料良いしぃ、
休みはしっかり取れるしぃ~だから来たの」
なんて答える人、いないでしょ?

じょーだんじゃない!
じょーだんでも言わなきゃ、
こんな世の中、生きて行けないじゃんねー

軽い変態 の名がすたるわよ~
あ、またねー「変態」とか書くと
アダルトの勘違い野郎さんの
訪問跡があったりすんの。

「変人」とか「変わり者」なんて言っても
つまんないでしょう?
だから過激に 軽い変態 って言ってんの。

確かにね、
こう長年苦しんでると
真面目に生きざるを得ない所もあるけど
でもそんなんばっかじゃつまんない。

私は、不真面目に生きたい。
不真面目に。

いい加減で、てきとーでいい。
私みたいな病気になる人にとって
てきとーやいい加減というのが
なかなか出来なくて、
だから病気になったりする訳で。

いい加減やてきとーは
むしろ大事なことなの。
そのほうが楽に生きられるから。

だから私は、不真面目に生きたい。

真面目になるのは
自分と向き合うときと
大事な他人と向き合うときだけでいい。










ぽちで救われる私がいます

にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2015/10/08 19:04】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック