FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
月は 私を

見下ろすだけで

何の言葉も

かけてはくれない





ひとりで夜道を

歩いていても

誰も言葉を

かけてはくれない





言葉が欲しい

言葉が欲しい

ひと葉分 だけでいい

ただ言葉を

かけてくれたら

私は ここに

いられるのに





言葉がないと

自分が 不確かなものになる

言葉がないと

自分が 消え入りそうになる





言葉をください

言葉をください

砂ひと握り分 だけでいい

いくら懇願してみても

誰も言葉を

かけてはくれない






私は

どこにもいなくなる









ぽちで救われる私がいます

にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/10/04 19:09】 | 感情の発露
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック