FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
木の葉が ざわざわ

揺れるだけで

私の心は

大きく揺れる





明けない夜に

突き落とされて

ひとり

必死で 手探りをして

無駄な抵抗を 試みる

だけど

私の夜は 明けない






横になると

血が騒ぐ

ぐるぐるぐるぐる

体中の

血が走り出す






街の喧騒が

聞こえても 

私の心は

夜に 支配されて

真っ黒く 塗り潰される

私は ひたすら

夜明けを願って

手を合わす






どこまでも夜

いつまでも夜

ひとりきりの夜

果てもない夜








ぽちで救われる私がいます

にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/09/21 20:16】 | 不眠地獄
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック