FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
十六夜の月

追いかけて

手を伸ばしても

掴めない

月は どんどん

逃げて行く





あなたの影を

追いかけて

手を伸ばしても

掴めない

影は どんどん

逃げて行く





何も掴めぬ

この手のひらを

たったひとりで

じっと 見つめる

秋の夜長は

孤独の夜長






この手のひらに

掴めるのは

せいぜい

煙草ひと箱と

冷たい風の

便りだけ





風の便りは

秋から冬へ

何も 掴めぬ

この手のひらが

かじかんで

余計に何も

掴めない





何も掴めぬ

この手のひらを

たったひとりで

じっと 見つめる

秋の夜長は

孤独の夜長






空っぽの手のひらと

空っぽの心を

晒して

さむい さむいと

泣くばかり









ぽちで救われる私がいます

にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/09/20 06:28】 | 感情の発露
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック