FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
言葉の宝石
と呼んでいた。密かに、私はあなたの言葉を。

活字では表現出来ないけれど、
誰でも言うような易しい表現でしかないのに
あなたが使うと、それは、まるで
真珠やら珊瑚やら、ダイヤモンドやら、
の原石が

その口から零れ落ちるように響いた。

精神保健福祉士 なんて、そんな資格、
私も知らなかった。

あなたと出会うまではね。

ただ、全てに絶望して
まさにどん底のときに出会ったあなたは
たまたま福祉現場の
精神保健福祉士(略称PSW)だった。

メールも電話も大嫌いなあなたが

初期にくれた僅か2通かそこらの
私のメール<に対する返信を
私は今でもお守りみたいに
大事に取ってある。

【光と影があるなら光になりたい。
そう思うのは当たり前だと思う。
でも、影もあるから
人間としての魅力がにじみ出て来るんでしょ?
影ばっかりで光がないから苦しいんだと
言い返されるのは予測がつくけど。

他者に合わせながら聞き、
受け止めるナレイさんを見ていると
自分を差別せず、
解き放っていると感じるときがあります。
たとえ演技でも、
どっぷりと病気に包まれているのではなく、
大人としての知識と常識を持った
一人の人間を私は見ています。
それが、苦しみの根源ですか?
それが、病気の宿命ですか?
不穏な表現をして、
ハラハラと周りを心配させることが本意ですか?

そんなことしなくても、
ナレイさんの不安や苦しみに
ちょっとでも近づこうとしている人間が
いることも事実なんだと。
ナレイさんにとっては
歯がゆい見守りかも知れないけれど。

病者や厄介者として、
危険物を扱うような「上からの心配」を
望んでいますか?
フェイドアウトしていくのも自由だけれど、
苦しみに闘い、悶えながら、
明日を切り開いていこうとする姿は
暖かい眼差しの心配 を
導くのではないですか?

P.S けして他人のせいにできないから、
苦しみが増えるんですよね。
また、
活字上の誤解が生まれないことを祈ります。】

こんなPSWも、中にはいるのだと言うこと。

もう6年前になるのだろうか。
「私、今から大学入ってPSWになるから。
決めた!」
と言ったときの、
普段、仏頂面なあなたの
思い切りほころんだ笑顔が、忘れられない。

あの笑顔に、必ず応える。
そう決めた。あの日から。

誰も知らない資格。
それでも、私にとっては
弁護士よりも、医師よりも、
大切な、特別な資格。


(この記事の中で「決めた!」と言った、4年後
私は通信制大学を4年で卒業、更に2年かけて
PSW国家試験に合格、PSWを名乗れるようになりました。)
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:誰かへ伝える言葉 - ジャンル:小説・文学

【2011/04/24 08:58】 | いのちの桜
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック