FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
「無能」という

烙印を

わざわざ自らの手で

額に押し付けて

それで

楽しいかい?

それとも ずっと

苦しんでいたいのかい?





冬の吐息に

わざわざ 自らを

閉じ込めておいて

自らを

探すのは

自虐のゲームなのかい?





あんまり 良い趣味じゃないね

自虐ゲームや

自傷ゲームばかり

やってるから

私は

現実を生きられないんだよ






現実を

生きてみたいとは思わないかい?

思わない?

それは

幻想の中に

長い間 いたせいだよ





そんなゲームは

いい加減 終わらせて

勇気を出して

現実の扉を 開けようよ





そこに広がる景色は

決して

自分が思うほど

怖くはないはずだよ




自虐ゲームに 耽って

そのまま終わっていいのかい?





目を凝らせば

現実への扉は

どこにでもあるものだよ




ほんのちょっとの

勇気でいいから

目の前の その扉を

開けようよ






私は「無能」なんかじゃないと

扉の向こうの景色は

きっと

額に優しく

手を当ててくれるから




自虐ゲームは

そろそろ

終わりにしないかい?








ぽちで救われる私がいます

にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/09/04 06:34】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック