FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
うつうつ雨が

続いたあとは

瞬く星に

恋い焦がれ





頭にかかった

霞が晴れたら

星と一緒に

戯れたい




ミルキーウェイで

川遊び

大きなひしゃくの

傾くままに

星たちに呼ばれては

ただ

追いかけていられたら

悩みも迷いも

消え失せる





地上では

霞のかかった

頭を抱え

苦痛に顔を

歪ませながら

それでも笑みを

作るしかない

大人の顔した

嘘の笑みを





うつうつ雨が

続いたあとは

あの星空に

行けたなら

明日は晴れと

決まってて

赤子のように

無邪気に 笑える





うつうつ雨が

続いたあとは

あの星空に

行けたなら

大人の顔は

捨て去って

ミルキーウェイの

ミルクを飲んで

すやすや眠って

おぎゃあと泣いて

また 眠る

心はずっと

満たされている






うつうつ雨が

続いたあとは

あの星空に

行けたなら





あの星空に

行けたなら





天の川は、英語で「ミルキーウェイ」という。
それにまつわるギリシャ神話があり、
天の川は、女神ヘラの母乳が流れ出たものと言われる。






ぽちで救われる私がいます

にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/08/27 07:42】 | 雑感
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック