FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
鉛のような不安が

胸につかえて

食べ物が 咽喉を通らない

最近 むせてばかりいる






星空に不安を 投げて

瞬く星たちに 

拾ってもらおう

そうすれば少しは

心も軽くなるかも知れない






地に不安を 落として

土を這う虫たちに

食べてもらおう

そうすれば少しは

心も明るくなるかも知れない






不安を かき消すように

煙草の煙を 吐き続ける

そんなに煙を吐かないで

不安は

何とか解消しようとするから

余計に膨らむの





不安なまま

そのままにしておけばいい

不安を解消しなくていい

不安になるのは

私だけじゃない

皆 不安になるときがある





だから

不安のままでいて

星空を見て

大地を見て

不安は きっと

そのまま置いておけば

そのうち消えるものだから


不安なままで







ぽちで救われる私がいます

にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村



スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/08/21 06:19】 | 神経症
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック