FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
あのとき

あなたと

あんなに傷つけ合ったのに

大好きなあなたに

怒りを感じて

言い合いもしたのに





時の流れは

時計の針を早回しばかりして

残酷なだけかと思ってたけど

優しい所もあるのね





傷つけ合ったことも

喧嘩したことも

今ではもう

思い出になっている

良い思い出にね





あなたの口から

零れ落ちる

言葉の宝石

お金では 絶対に買えない 

宝石で

私の宝石箱は

いっぱいになっている






時が

いくら流れても

あなたの言葉の 輝きは

きっと 

色褪せることはないだろう





ありがとう あなた

私はあなたに

今でも感謝しています

深くて広い

海のようなあなたは

こんな私と

向き合ってくれました





決して 決して

忘れない

あなたとの 宝石の思い出









ぽちで救われる私がいます

にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/08/09 05:46】 | 考えるより感じること
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック