FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
どこからか

鐘の音が 聞こえる

夜も更けた頃に

鐘の音が 聞こえる





大晦日の除夜の鐘

108つの煩悩

手放せない 

愛着 執着





自分自身に執着し

睡眠に執着し

好きな人に執着している

私の煩悩は

とても108つじゃ足りないから





どこかのお坊さんが

私のために

季節外れの 除夜の鐘を

鳴らしてくれているのかしら?

それともただの

空耳かしら?





私のためだったら

ありがとう

どこかのお寺のお坊さん

聞こえて来ます

私の煩悩を祓う

鐘の音が






眠れた日の朝は

とても穏やかな気分でいられる

遠く 空を仰ぐ余裕もある

だけど

眠れなかった日の朝は

何事にも苛立ち

何事にも執着し

人の顔を保つのも苦しくなる





手放せない愛着や執着

煩悩とは

まるで私そのもの





執着することは 苦しい

執着することは 疲れる

そんなもの 全部手放したら

この肉体さえ邪魔になるほど

私のケガレた 魂は

浄化されるのに









ぽちで救われる私がいます

にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/08/04 06:25】 | 考えるより感じること
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック