FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
世界はきっと

優しいはずだ

私が 気負いさえしなければ





世界はきっと

私の味方をしてくれるはずだ

私が 卑屈にさえならなければ





なのに

この散らかった部屋だけが

自分の世界になって

その中で

息苦しさに喘ぎ続ける





本物の世界が怖くて

怖くて

見られない

歩けない






何が現実なのか

知れ

お前の見る景色は

幻想であることを

知れ







薄汚れた ノラ猫みたいに

怯えて

部屋の隅っこに 蹲る

路地裏から

世界を想像しては

この身を 硬くして

幻想の中で

蹲る






只今コメント欄を閉じています。ご了承下さい




ぽちで救われる私がいます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック