FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
みんな 多かれ少なかれ

心に傷を負っているでしょう

誰にも言えないことって

あるでしょう




傷口には 蓋をして

出来るだけ 見たくないでしょう





でも私は

傷口に 蓋をしないの

幼き日の私は 愛されなかった

いや 

愛されてると感じられなかったことも

見棄てられたことも

どの傷も 蓋を開けて

傷と しっかり向き合うの





私の傷は

もう治ることはない

リスカの痕みたいに

傷痕は残ってしまうけど

それでも

傷口は 全て晒して

楽になる道を

歩き続けて行くの






雨が

傷口を 

優しく洗い流してくれる

風が

傷口に 

優しく触れて通り抜けて行く






どんなに傷が

痛くても

蓋を開けておけば

大人の私が

幼子になっても

受け入れてくれる人がいれば

やがて 傷は

癒えるの






ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ





スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/05/30 00:16】 | 精神療法
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック