FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
世の中が汚いとか

社会が悪いとか

だから

希望を持てとか

あきらめないでとか

夢を持てとか言うけれど

何かどこか 違う気がする





世の中が汚い

社会が悪いと

どれだけ嘆いても

世の中を創造したのは

我々人間だよ

世の中を変えるのも

我々人間だよ






無理に希望を持とうとしても

そんなの却ってしんどくなるだけだよ

それよりも

とことん絶望したらいい

絶望の中にこそ

希望が光りを放つ






全てをあきらめて

自分の全てを 心底捨てられたら

そのとき初めて

楽になれるんだ






自分が 

空や風に抱かれて 宿り

それらのものたちが

自分の中に宿る

ああ 愛しき自然よ

それは

どれだけの安心を

私に与えるだろう






この身を世界に投げ出したら

「わたし」は

もはや必要なくなるだろう

ああ 愛しき自然よ

私もいつの日か

そうありたい







ぽちで救われる私がいます。          

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/05/28 01:07】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック