FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
生きていることを

素晴らしいと 皆詠うけど

私には 詠えない





命の美しさを

皆詠うけど

私には 詠えない






呼吸のひとつひとつに

涙を込めて

喘ぐように ようよう生きる私に

命の美しさは詠えない






カラスの鳴き声を

嗚咽のように聞いて

季節の変化にも気づかぬまま

ただ棲息するしかない私に

生きることの素晴らしさは

詠えない






ブランコが揺れても

ピカソやアルプスが

どんなに美しくても

ごめんなさい 

私はそんなものたちに

気づくことは出来ません

手をつなぐ「あなた」は

私にはおりません






だから私は

生きることの悲しみを

苦しみを

詠うしかないんです

許して下さい

こんな私を






いまいまを生きることは

私には 

虚ろな目で 

流れる景色を眺めながら

ただ

呼吸をやめないということだけです





許して下さい

こんな私を





もしも私が

生きていることの素晴らしさを

感じていたら

むしろ私は 

詠うことはなかったでしょう









ぽちで救われる私がいます。          

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/05/18 01:08】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック