FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
私の肩に

悲しみの 雨が降る

私の頭上に

悲しみの 雲がかかる

私の傍らで

木の葉が 悲しみに揺れる





心は 悲しみに満ちて

森羅万象が 悲しみに濡れる夜

鳥たちも 悲しみに

鳴き声を失って

森の緑も 悲しみ色に霞み

私の涙が 悲しみの雨を呼ぶ







悲しみに 眠り

悲しみに 目覚め

悲しみに 歩き

悲しみに 時を刻む






それでも生きろと

人は言う

そう言われるとまた 

深い悲しみに 襲われる





悲しみの雨に濡れた 服が

重たい

私の涙が

悲しみに濡れた路面を

一層濡らして光る

悲しみは 終わらない





ぽちで救われる私がいます。        

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/05/15 10:16】 | 神経症
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック