FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
私がここにいる

これほど 

不確かでもろいものはない

ときどきふと怖くなる

自分は本当にこの世に 

実在しているのかと





街を優しく抱いている

春の陽射し

その中で

私は私を いつも探してる





わえ どこにいるの?わたし

本当に この中にいるの?わたし

いくら探しても 

確かなものは見つからず

私は自分の存在に

ますます自信を喪失して行く






春の強い風が 

こんなに髪を乱すのに

私は わたしを見つけられない

迷路の中で迷うように

歩いても歩いても

同じような街並みばかりで

私の居場所が 見つけられない





この肌を切れば

赤い血が出るはずなのに

わたし という存在は

余りにも不確かで

春の優しい風に

私はわたしの 行方を尋ねる

春は 何も答えない








ぽちで救われる私がいます。          

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/05/03 13:44】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック