FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
不眠の道に迷い込むと

私は 人の顔を失う

良心も

モラルも

倫理も

何もなくなって

ケモノに戻る





将来のこととか

悩みとか

不眠を思えば

どうってことじゃない

ケモノになっているから

いつ食われるかわからない

危険に晒される






優しさも

思いやりも

何もいらない

ただ 眠れればそれだけで良い






眠れぬ夜は

まだ暗い空が

落ちて来て

私の体まで 絡め取られるようで

逃げるしかないけど

逃げきれない








寝入りながら 見る夢は

どんな夢も 快いけれど

眠れぬまま 見る夢は

余りに過酷な現実が

夜の闇に 並んで迫って来る





私は 誰でもない

自分の名前も知らない

迷子のように

自分のおうちに帰れない






ケモノの顔で

人の顔を忘れ果て

世のルールも 全て無視して

不眠の道を

朝を目指して 歩くだけ

朝が 遠い







ぽちで救われる私がいます。          

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/04/21 16:11】 | 不眠地獄
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック