FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
春なのに 

寒くって

春なのに 

ひとりで

春なのに 

冬の はだか木のままで

春なのに 

暖かいうどんを食べて

春なのに 

愛した者の 骨壺抱いてる





どんなに寂しくても

食器洗いをして

台所を磨いている自分が

よく わからなくて

でも それで良いような気もして

ゴミを 私の過去と一緒に集めて

ゴミ袋を きっちり結んだ

過去が こぼれないように






春なのに お別れですか

なんて歌が あったよね

春なのに 春なのに

ため息またひとつ ってね

ため息 幾つもついてるね





お別れだらけの人生に

他人の 余りに冷たい手に

ちょっと疲れてる 私










ぽちで救われる私がいます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/04/03 14:13】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック