FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
未練の雨音が

眠れない耳に 障る







あなたの口から 零れる

宝石の言葉を

私は 両手でかき集めて

大切に 持ち帰った





あなたの背後に広がる海は

いつも紺碧の青だった

あなたに 海が見えた






いつしかあなたに

海が見えなくなって

宝石の言葉は

刃の言葉になって

私に刺さった






煙草の煙を 吐きながら

語り合ったひとときは

どの時間より 貴重に思えた

なのに 壊れてしまったのは

あなたの海に

きっと 私が飛び込めなかったから 







あなたに別れを告げたあとも

雨粒の音が 

未練の曲を奏でる








あなたを もう忘れたくて

僅かに残ったままの

あなたの 宝石の言葉たちを

雨と一緒に

流して 捨てた








ぽちで救われる私がいる 応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/03/12 17:40】 | つくづく思うこと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック