FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
尊厳も

価値も

重みも何もないかも知れない

いのち ひとつ

じっと見つめて

死と 向き合った





人間の命には 尊厳があるという

人間の命には 価値があるという

ひとの命は 重いという






でも 私にとって

この子のいのちは

限りなく 尊く

限りなく 価値に溢れていて

限りなく 重たい






いのち ひとつ

じっと見つめて

死と 向き合った






怖いけれど

覚悟もした

この子に迫る 死の影に

何の抗いも 出来ず






いのち ひとつ

じっと見つめて

死と 向き合った





こんな いのちでも

私にとっては

大事な いのち





そして私は

いのちひとつの 向こうに

沢山の汚れない いのちを見る







いのち ひとつの向こうに

尊厳も

価値も

重みも

何もないと思われているいのちを

みゃらん16


今日も病院に連れて行きました。
やっと食欲、めきめきと元気が出て来て
安心しました。
まだ我が家に来て間もない子ですから、
あと何年かは一緒に過ごしたいです。
病気の原因究明のために
この子が痛い思いや嫌な思いをするなら、
検査や積極的な治療はしない主義です。
この子が、楽でいられることをいちばんに願っています。






ぽちで救われる私がいる 応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/03/04 19:08】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック