FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
私の横を

車が 通り過ぎる

女の人が 通り過ぎる

男の人が 通り過ぎる

子供たちが 通り過ぎる

北風が 通り過ぎる






今までに

何百人の人と出会って来たかなんて

忘れたけど

私の横に

並んで歩く人は ない







春は名のみの寒い日も

灼熱の夏の日も

私と並んで歩く人を

どれだけ求めたことだろう

どれだけ夢見たことだろう

けど

叶わない夢を見たって仕方ない







どうせどうせわたしなんか

と 自虐のうた

口ずさみながら

煙草の火種を

心に 落とす





あと何人の人が 通り過ぎたら

私と並んで歩く人に 出会えるのか

夢破れて ひとり寝の夜






眠れない夜ならば

星屑でも 数えてみようと思ったけれど

星も出てない 赤い空

雨降り前夜の空は 赤いんだ

星さえ出ない 

ひとり寝の夜







ぽちで救われる私がいる 応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/02/24 18:44】 | 感情の発露
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック