FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
私は何も出来ない

出来ないだらけの女で

いつも誰かに 助けてもらってる

なのに

なぜ ひとりを感じるんだろう







甘えるのが下手なのか

何なのか

「すいません」と「ごめんなさい」ばかり

繰り返してて







もう「すいません」が

身についてて

気がつくと

コンビニの店員にまで 謝ってる

謝れば謝るほど ひとりになる

謝れば謝るほど 相手が遠のく





「ありがとう」に言い換えれば良いとか言うけど

「ありがとう」でも「すいません」でも

ひとり を感じるのは同じ






安心して ひとに身を委ねるには

一体どうしたら良いんだろう

どうしたら

ひとり を感じずに済むんだろう





もう ひとり は嫌なのに

私の欠落が 

余計に私を

ひとり にさせる






このまま

「ありがとう」と「すいません」を

繰り返しながら

死ぬまで ひとり を感じるんだろうか







今日お世話になった方々 すいません

どうもありがとう

すいません

ありがとう

すいません

ありがとう

その 繰り返し






「ありがとう」は

とっても良い言葉だと思うけど

「すいません」と「ありがとう」の

繰り返しに

くたびれた









ぽちで救われる私がいる 応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/02/23 17:46】 | 深層心理
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック