FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
街が 静かに

呼吸している

花は こっそり

一枚一枚

その花びらを 開かせる






呼吸が乱れて

喘ぐ夜は

そんな街の 

息遣いを感じながら





私の

呼吸さえ 奪うのかと

誰を恨んで良いかもわからず

誰も恨めないことを 恨む






呼吸するだけで

頑張っている私なのに

それさえ奪うのかと

見えない誰かを 恨んでる






恨みが高じると

悲しみになる

静寂の 風

恨み節の 夜








街中が 

私の乱れた呼吸を無視する

誰か

誰か

息をさせて






そんな当たり前のことさえ

叶わない






誰か

誰か

この乱れた呼吸を

喘ぐ呼吸を

元に 戻して







私がどんなに

喘いでいても

街は 

呼吸のリズムを 崩すことなく

静寂の音 刻んでる









ぽちで救われる私がいる 応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/02/21 18:42】 | 感情の発露
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック