FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
今日も ひとり

明日も ひとり

怖いほど ひとり





地中から

地響きのように

お前の時代は もう終わった

と 聞こえる






どんなに手を伸ばしても

誰にも届かないほど

皆が 遠い

ひとりで 呼吸してるだけ

大きな大きな地球に ひとり

闇に突き落とされて ひとり





流行りの歌を 歌えなくても

流行りのダンスを 踊れなくても

ひとりなら 困ることさえない





まどろむ夜の

夢の中でも

孤独の島で 途方に暮れる






真冬の冷気が

窓から侵入して来る

冷気は

私の春が 終わったことを告げる

現実は 余りに惨い






今日も ひとり

明日も ひとり

怖いほど ひとり





遠くに

皆の 笑い声が聞こえる

遥か

遥か

遠くに







ぽちで救われる私がいる 応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/02/14 19:03】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック