FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
この体 いらない

この体があると

重たくて

何も 出来ないから






苦しみが 果てしなく

海のように広がっている

苦しみの水平線が 見える

悲しみが 果てしなく

空のように広がっている

悲しみの地平線が 見える






あの

苦しみの水平線に辿り着けば

私は 解放されるのだろうか

あの

悲しみの地平線に辿り着けば

私は 楽になれるのだろうか






空は万人の上に広がっている

けれど 

私が見上げる空はいつも

悲しみの曇り空

海は限りなく続く

けれど

私が泳ぐ海はいつも

苦しみの荒海







歩き疲れて

見上げる空は

星も消えて闇

泳ぎ疲れて

見渡す海に

灯台の灯りなし







ぽちで救われる私がいる 応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/01/24 20:03】 | つくづく思うこと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック