FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
愛しい猫たちを 亡くして

もう1年以上

私は だんだんに

あの子の 感触や匂いを

忘れて行くのが 怖い





この手が この心が

あの子の毛並みを

あの子の声を

あの子の姿を 忘れて行く






私は

あの子は私がいないと生きて行けないから

と 信じて疑わなかった

だけど

あの子がいないと生きて行けないのは

私だったと今 実感している

ごめんよ ちち子

そんなことにも気づいてやれなくて





私の中に

あの子が生きている

この胸に

あの子が 溢れる





この感情を

一体どこに持って行けば良いのか

わからぬまま

ただ あの子に飢える

会いたい


ちち子ブログ用







ぽちで救われる私がいる 応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/01/10 00:04】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック