FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
東京では、つい最近まで真夏!だったのが台風を機に一気に秋!
になり、激しい気温の低下に
私のアレルギー性鼻炎が激しく反応しています。
とてもしんどいです。

しかし、今でこそ皆が花粉症などと言うようになりましたが、
私が小学生の頃はそんな病名もなく
私がくしゃんくしゃんやっておると必ず

「風邪?」と聞かれ、
「風邪じゃなくてアレルギーなの」と言うと
「アレルギーでなんで泣いてるの?」と聞かれ
「あんまりくしゃみばっかしてるとね、涙も出て来るの、泣いてるんじゃないの」
「だって泣いてるじゃない?」

何度そんな説明をして来たことでしょう。

神経症も同じです。
神経症の診断分類がされなかった頃は、
「暗いヤツ」とか「ヘンなヤツ」としか思われず
私が小学生の頃にいちいちしたような説明の
神経症版をしなくてはならなかったでしょう。

発達障害も然り。

昔から、そう言う人はいたのです。

「最近発達障害が増えている」と言いますが、
「増えている」のではなく、
単に診断分類が増えたので、数として出て来るようになっただけのこと。

痴呆が認知症になり、
精神分裂病が統合失調症になり・・・・・。
かつての対人恐怖は、
社会恐怖とか社会不安障害と細かく分類されSADと略称まで出来・・・。

高次脳。高次脳機能障害・・・。
昔はこれ、「脳外傷」と言ったんですよね。
言い換えで余計に訳わかんなくなっている・・・・・。

自閉症スペクトラム・・・・。これもよくわからない・・・。
PSW受験するもんがこんなこと言ってちゃいけないんですけど、
こんなにどんどん分けて
意味わかんない。

いちいち説明をしなくてはならない世の中も不便ですが、
やたら細かく診断・分類するばかりな世の中
と言うのも

どうなんでしょうかね・・・。
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:対人恐怖症・社会不安障害 - ジャンル:心と身体

【2011/09/26 06:01】 | 神経症
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック