FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
新年も

いつもと変わらず

一刻一刻 時を刻む 

この 小さな部屋






小さな部屋で

いつもと変わらず

私は 呼吸を繰り返してる







空が 暗くなると

私の心臓は

早鐘のように 打ち始める

長い夜の 恐怖

時が止まったかのような 静寂







静かに窓を叩く 北風さえ

私の耳には 激しく響く

空を 仰いでも

私には 星を探すことさえ 

出来ない







せめて空が 青ければ

私の呼吸も 鎮まるのに

せめて風が 春ならば

私の心も 落ち着くのに







長過ぎる 夜

進まない 時計の針

吐息だらけの ベッド

飲みかけのままの コーヒーカップ










ぽちで救われる私がいる 応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/01/03 00:35】 | 不眠地獄
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック