FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
相変わらず皆さん、社会不安障害克服、恐怖症克服、と
後を絶たないようで、ちょっと拝見させて頂きました。

良い治療者に出会うのはなかなか難しいようですし、
今すぐこの苦しみから解放されたい!と思う気持ちも
経験上よく解ります。

ただ、どうなんでしょう。

やけに高額な料金や
催眠、トランス、世界観 と言った単語を目にします。

これで治った方がいるのは否定しませんが、

神経症に罹患する方も様々な性格傾向があり、
全ての方にこう言った治療法で効果があるとは到底思えません。

治療法にも様々ありますが、
治療法と言うのは、あくまである程度の学問的体系・社会的普遍性
を持って初めて「治療法」と呼ぶのです。

そして、神経症は、何か違う気持ち良い体験 などではなく、
現実の延長の中で、治すものです。
何故なら私たちは、この現実を生きているのですから。


今のセラピストも、前のセラピストも、同じことを言います。
「この場が、二人きりの非現実的世界になってはならない」と。
治療の場であっても、あくまでそこは現実の延長である と言うことです。
とかく、「治療者だけはわかってくれる!」と思いがちなクライアントに対し、
彼らは常に突き放すことのないよう、共感しつつ、
しかし、この場が非現実世界にならぬよう、
禁欲的な空間での会話を徹底しています。

で、ひと口にセラピスト と言っても
臨床心理士 と言うのは、今の所、財団法人日本臨床心理士資格認定協会
と言う団体の試験に受かった者だけが名乗れる名称です。
その試験に至るまでも
大学院(修士)前期後期終了が最低ラインであり、
且つ指定大学院でなくてはなりません。

精神分析的精神療法で言えば
更に彼らは、教育分析と言って、自分の指導者からクライアントの立場になって
分析を受け、自分の問題と向き合う作業もしています。

セラピストになってからも、スーパービジョンと言って
治療に行き詰ったときなどは、
スーパーバイザー(指導者)から指導を受けています。

経歴なんてクソだと思っていますし、
経歴ばかり輝かしくてどーにもならんセラピストもいます。
しかし、
人の心に関わる仕事、治療を生業とする仕事だからこそ、
最低でもここまではする、と私は解釈しています。
自称カウンセラー ほど危険なものはないですから。

そして、最終的に、神経症を治すのは、クライアント自身です。

それらを踏まえることは、
自我が一応正常に保たれている神経症圏の人であれば解るはずです。

それでも長期戦になる神経症治療。
なので私は敢えて頑張らない と言っている訳ですが、

長期戦になるか、短期で済むかも、
治療者選びさえ間違わなければ人によっては短期で済むこともあります。
本当に克服したいと思うなら、
人に会えなくても何でも
心理学系の本一冊でそのくらいの知識は持てるはず。
その上で、克服して欲しいと思っています。
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:対人恐怖症・社会不安障害 - ジャンル:心と身体

【2011/09/24 06:01】 | 神経症
トラックバック(0) |


カプチ
こんにちは

>本当に克服したいと思うなら、
 人に会えなくても何でも
 心理学系の本一冊でそのくらいの知識は持てるはず。
 その上で、克服して欲しいと思っています。
昔、塾講師をしていた時にこれと似た事を子供たちに話していたような気がします。そしてこれからは借金で首が回らなくなった人や結婚・離婚を繰り返している人などに同様の事を話していくのでしょう。
分野が違っても同じ人間なのである事を克服するには共通するものがあるような気がしました。

お恥ずかしい話ですが、またブログ始めました。よかったらたまに見に来てください。

Re: カプチさん
ナレイ
こんにちは。
コメント、おおきに~♪

カプチさんからのコメントだ♪と思うとなんだかホッとします。

克服 と言う言葉は、神経症にはあまりふさわしくないので
敢えて「克服しません」「頑張らない」と言っている私ですが、
言葉は、どう言っても良いのだと思います。

カプチさんのジャンルでもそうであるように、
本当の克服 と言うのがどれだけ大変で
どれだけ根気が要る作業であるか、
それさえ解っていれば。

私から見ると、克服の仕方からして違うでしょ・・・?
先ずは基本の知識がないと克服どころか、却ってドツボにハマるんじゃ・・
と思えるような、安易な方法、情報をひたすら追い駆けている 
と言う印象なんです、このジャンルに関しては、ずっと。

仰る通り、何事かを克服することには共通するものがあり、
そうカンタンには行かないもんです。
だから知識を持って と言ってるだけなんですがね。

まあ嬉しい!ブログ再開なさったんですね?
是非お邪魔しますわー♪


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんにちは

>本当に克服したいと思うなら、
 人に会えなくても何でも
 心理学系の本一冊でそのくらいの知識は持てるはず。
 その上で、克服して欲しいと思っています。
昔、塾講師をしていた時にこれと似た事を子供たちに話していたような気がします。そしてこれからは借金で首が回らなくなった人や結婚・離婚を繰り返している人などに同様の事を話していくのでしょう。
分野が違っても同じ人間なのである事を克服するには共通するものがあるような気がしました。

お恥ずかしい話ですが、またブログ始めました。よかったらたまに見に来てください。
2011/09/24(Sat) 10:32 | URL  | カプチ #-[ 編集]
Re: カプチさん
こんにちは。
コメント、おおきに~♪

カプチさんからのコメントだ♪と思うとなんだかホッとします。

克服 と言う言葉は、神経症にはあまりふさわしくないので
敢えて「克服しません」「頑張らない」と言っている私ですが、
言葉は、どう言っても良いのだと思います。

カプチさんのジャンルでもそうであるように、
本当の克服 と言うのがどれだけ大変で
どれだけ根気が要る作業であるか、
それさえ解っていれば。

私から見ると、克服の仕方からして違うでしょ・・・?
先ずは基本の知識がないと克服どころか、却ってドツボにハマるんじゃ・・
と思えるような、安易な方法、情報をひたすら追い駆けている 
と言う印象なんです、このジャンルに関しては、ずっと。

仰る通り、何事かを克服することには共通するものがあり、
そうカンタンには行かないもんです。
だから知識を持って と言ってるだけなんですがね。

まあ嬉しい!ブログ再開なさったんですね?
是非お邪魔しますわー♪
2011/09/24(Sat) 11:08 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック