FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
飢えている人には
やっぱ白いご飯でしょ。先ず。

いきなりステーキは、食えないよ。

点滴につながれたまま生活して、勉強して、
たまの息抜きに、友達と遊んだりして、

で、点滴ぶら下げたまま試験会場行って試験受けてるようなもんだ。

ま、目には見えない点滴だし
私の場合、病気 とは見えないらしいので

気持ちはあり難いんだけど、

点滴してる病人に、
誰がステーキ食わせる?

飢えた病人のほうだって、
いきなりステーキ食わされても

「なんじゃ・・?この塊は・・あぶら、したたっとるど・・
ステーキゆうてなんね?
具合わるい・・・かんごふさん、点滴終りました~」
としか言えないと思うけど?

空腹で飢えてるとこにステーキ食ったって
却って消化器やられて下痢しちゃうだけだし・・・・

とにかく、点滴が外れるまで待つこと
が、出来ない人が多い・・・・・・・・。

せめて点滴外れるまで待って欲しい。
で、
お粥ひと口食べられたら喜んで欲しい。

つまり、
私も軽い変態だけど、
それだけ
相手が変わることを信じて待つ

ってのは難しいんだろう。
「発想の転換」は、もういい・・・・・・・・・・。

しかし、信じて待つ・がまさにPSWに求められるものでもあり、、
セラピストもきっと、それを実践してるのだと
そんな気がするけどね。
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2011/09/19 07:57】 | PSW(精神保健福祉士)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック