FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
藁にもすがる思いで

ぎりぎりの所を 歩いてる

途方もなく ひとりで

食べてはいけないはずの

チョコレートを

夜になって

ぱりぽり食べる





コンビニの店員の

「いらっしゃいませこんにちは」だけで

救われた気になる

近所の人に

「こんにちは」と言われただけで

すがりついて行きたくなる





暖かそうな 街の灯りに

私は はじかれる

私の涙を 

誰も知らない

私はひとりで

死ぬのだろう





街の灯りに 溶けて消えたい

そうよ 私は

生まれて来る予定じゃなかったの

生まれて来る予定じゃなかったの







ぽちで救われる私がいる 応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2014/11/19 06:46】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック