FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
猫の あの子を思うと

私の心が 人間になる

春のような 暖かさと

柔らかい 陽射しが

この胸から 溢れて来る






それは 自分でも驚くほど

穏やかで 暖かい思い

愛しくて 愛しくて

春が 溢れる





あの子を思うと

誰の どんな行為も

許せるような気がする




あの子を思うと

どんな厳しい寒さも

乗り切れる気がする





底知れない 悲しみのあとには

穏やかな春が来ると 知った






ちち子

あなたはもう 怖がってはいませんか?

他の子たちと 楽しく過ごしていますか?

私は 今でもときに

あなたを思って 泣いてしまいます

でも

あなたが私に教えてくれたことを

忘れずに

生きて行きます

ちち子の眠る場所2








ぽちで救われる私がいる 応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2014/11/16 08:16】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック