FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
まるで 眠剤を飲んだ翌日のように

私は あちこちぶつかりながら歩く

ひとりぼっちを 引きずって

これからの 季節

どんどん ひとりぼっちになるんだ





ひとりぼっちの体は 寒い

でも誰も 暖めてくれないから

私は 僅かばかりの

自分の 愛を

火にくべる

例えば

あなたを思う気持ちを

火にくべる





命を 削って

私は自分を 暖める

そうまでしても

暖まりたいから





この体が 暖まらないなら

自分の愛も 夢も

惜しみなく

私は 火の中にくべる




消えないように 消えないように

愛ならきっと よく燃えるでしょう








ぽちで救われる私がいる 応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2014/11/03 04:55】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |

こんにちわ^^
sado jo
誰にも届かない愛の火を暖炉にくべたら、
煙になって天まで届くのかな?
自分の孤独な魂と一緒に…

ポチッと…

Re: こんにちわ^^
ナレイ
sado joさん

コメントありがとうございます。っていうには余りにもレスが遅れてしまいましたね。

天まで届いたら良いですね。

煙になって、高く、高く。

いつもぽちっとありがとうございます。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんにちわ^^
誰にも届かない愛の火を暖炉にくべたら、
煙になって天まで届くのかな?
自分の孤独な魂と一緒に…

ポチッと…
2014/11/03(Mon) 14:58 | URL  | sado jo #zwqFpYX2[ 編集]
Re: こんにちわ^^
sado joさん

コメントありがとうございます。っていうには余りにもレスが遅れてしまいましたね。

天まで届いたら良いですね。

煙になって、高く、高く。

いつもぽちっとありがとうございます。
2014/11/27(Thu) 19:41 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック