FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
試験に受かるため
あきらめないで来年も受験しようとか
夢をあきらめないで とか

あきらめないことが兎角、美徳とされてるけど

あきらめることが大事だと
私はいつも思ってる。

夢はいろいろあるだろうけど
全てが叶う訳じゃない

夢をあきらめない と言うと
とっても耳に心地良いけど

叶わない夢は、さっさとあきらめて
捨て去る方が、私には勇気がいることだと思う。

私も含めて
みんないろんなものを欲しがるけど
手に入らないから辛いんでしょう?

だったらいろんなものを むしろ捨てる
あきらめることのほうが、楽で、大事な気がしてならない。

自然(じねん)というのは、
私のセラピストが大事にしていることで
「自ずと在るようにして在る」ということらしい。
そんな境地になれたら、人生は楽だろう。

あきらめることは、この自然(じねん)に通じることだと思う。

症状をあきらめる
夢をあきらめる
自分にまとわりついた、いろんなものを
ひとつひとつ、捨てて行く作業

この先に 自然(じねん)があるんだと思う。

なかなかあきらめきれないものが多くて
本当に自分は凡夫だなあと思うけど

私は、自然(じねん)を目指してる。

いろんなものをあきらめられたら
そこには、揺るぎない 楽 が待っているから。








ぽちで救われる私がいる 応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2014/10/26 07:52】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック