FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
傷は

多くの人が 持っているものだけれど

深い傷を 持った者は

その後遺症を 後々まで引きずることがある

心の後遺症は なかなか消えることがない






後遺症の症状も

抑うつだったり 怒りだったり

憎しみだったり 不安だったり

不信だったり 依存だったり

癒えてない傷が

いろんな形で叫んでるんだ

「私を愛して」と






その傷が癒えない 私もまた

誰かに 愛情をむしんする

愛情乞食として

さまよい続ける







ありのままで なんて歌になるほど

流行ってるけど

ありのまま になったら

途端に 愛されなくなると

思い込んでるんだ







ありのままでいて

愛された経験が ないから

怖いんだ





私は今日も さまよい続ける

ありのままでは到底 愛されまいと

誤解したまま

愛情乞食のクセして

ポーカーフェイスを決め込んで

精一杯の芝居をして

愛されたくて






芝居を人は ちゃんと見抜く

芝居をしているから

愛されないんだ

いや

きっともう十分 愛されているのに

感じることが 出来ないんだよね






愛情乞食の ドサ周り芝居も

もう長い

この ドサ周り芝居は

一体 いつまで続くのか





もう十分 愛されているのに

そのことに 気づかずに








ぽちで救われる私がいる 応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2014/10/24 03:30】 | 考えるより感じること
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック