FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
日本の精神医学なんて江戸時代から変わってないんだよ!
って言ってた先生がいたけど、ほんとだね・・・。

私が若い頃から、神経症レベルなんて
どこへ行っても大して相手にもしてもらえなかった。
「薬でも出しときますか?」とかそんな程度で・・・。

精神科医にもいろいろいるから、勿論一概には言えないけど、
結局、統合失調症と言うのは薬が効くようになったし、
ある程度診断もしやすい、
一部、脳機能の障害であることも解って来た ってことで
精神科医にとって、統合失調症は最も治療のし甲斐があるんだろうなあ、
と想像したりする。

もっとも、当の本人たちや家族ににとってみればそうカンタンに寛解とか、
回復に至る訳じゃないんで
長くて辛いんだけどね。

最近じゃ加護ちゃんだっけ?がリスカしたり、
安定剤の多量服薬とかで騒がれてて、
彼女が精神疾患かどうかはわからないけど、

でも、加護ちゃんはたまたま芸能人だったから騒がれてるだけで
叩かれて、辛いだろうに「生きてる人に失礼ですよね!」とか何とか
事情を知りもしない人に言われて、余計にこたえるだろうにね。
まだ若いんだもの。

ああいう子って沢山いるよ。

きっと、何かどこか寂しくてたまらなくて、たばこや、男や
満たされない何かを、目の前にある安易なもので満たそうとしては
余計に寂しくなって。

症状がない人もいれば、
症状を訴えても、あんまり相手にしてくれない精神科医も多いんじゃないかな・・・。

薬では効果がないし、話を聞き始めると際限がなくなるし
結局、面倒だから。

精神科医が落ちこぼした、対象外の人たち、中でもお金のない人たちは皆
福祉現場に流れて来るんだよね、結局。

別に私は、精神科医をクサしてる訳じゃない。
中には良い精神科医も沢山いると思う。
私自身がPSWになれる日が来たら、
(お陰さまで第14回PSW国家試験合格・H12.3.23登録証交付
と相なりました)

精神科医とは是非連携取ってやって行きたいと思う。

でも、ハタで見ている限り、精神科医とPSWとの間に
あんま、連携が出来ている・・と感じたことってなかったんだよね・・・。
むしろ、「一体どういう診断してんだよ?!病名ちげえじゃねーかよ!」とか、
「今どきあんな薬、なんであんな大量に処方してんだよ!?」
みたいな精神科医が多かったから・・・・・・・。

ちなみに
江戸時代から変わってない!その精神医学界で、先生はどうしてる訳?
と聞いてみたら
彼は自分の所で、やはり精神療法をやっている と言っていた。
やっぱそうなるんだよね。
限られた診察時間じゃ、話も聞いてられないから。

診断、治療行為は、PSWには出来ない。
PSWに出来るのはあくまで、相談、援助だけ。
この診断・・・?ちげえだろ?といくら思っても、診断書は医師にしか書けない。
ま、それを上手く書いてもらうのもPSWの裁量かしら?
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2011/09/13 04:39】 | PSW(精神保健福祉士)
トラックバック(0) |


カプチ
こんにちは

なんかこう40代、50代位の人が新たな道を目指しているのって
いいですね。
他人事みたいですが自分もそうだったので(と言っても私の場合全く経験がなくてすべて1からの状態ですが)こういう人がもっと増えてそれぞれの業界に刺激を与えることを期待しています。
ナレイさんの目指す仕事についてはよくはわからないですが
なんとなく仕事についてしまう人と違って
>精神科医とは是非連携取ってやって行きたいと思う。
と抱負を語るナレイさんの姿勢は大好きです。

Re: カプチさん
ナレイ
こんにちは、と言ってももうおはよう、ですね。
返信がおそくなりました。
コメント、ありがとう。

いや~私もそんな、大層なもんじゃないんです。
ただ、PSWと言う職そのものより
その職に就きたいと思った「動機」が私の場合大きかったのかな・・と。

多少だけど現場を見て来て
そこで出会ったベテランPSW。
元々ふくし職なんて嫌いなんだけど、「こんなPSWもいるんだ・・・・」と、
その影響が大きくてね・・・。

このために通信制とは言え大学入学・卒業までしたんですもの~~~
国家試験受験資格の最低ラインが大卒だったのでね。

バイトしながら、ときにそれすらやめて、
この年になって4年かけて卒業するまで・は本当に辛かったです。
「通信制ってキツイんでしょ?私とても無理!意志弱いから」
と、周囲に言われる度
(私だって弱いよ・・・・・・でも出たかったから弱くてもやるしかなかったんだよ・・)
と、内心いつも思ってました。

自分との闘い とよく言われるけど、
通信制の勉強は、まさにその一語に尽きますね。
(ってろくに勉強してないんだけど~)
でもあのときほど、マラソンランナーの気持ちがわかる気がしたことはありませんでした。
キツくて、
でも、誰にも、強制もされない、寝たければ隣にソファもある、
そんな「誘惑」を何とか振り切って、泣きながらこの机に向かってた日もありました。

遠方とはいえ、大学仲間や講師たちの後押し、実習先施設のスタッフの方々、
皆さんの支えのお陰で、何とか卒業出来たのだと
いつも、感謝している私です。

って、なんか大学時代の話になってしまいましたが、
そんな思いをして卒業したのだから、先ずは資格取得・・・・したいな・・と
思っている私です。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんにちは

なんかこう40代、50代位の人が新たな道を目指しているのって
いいですね。
他人事みたいですが自分もそうだったので(と言っても私の場合全く経験がなくてすべて1からの状態ですが)こういう人がもっと増えてそれぞれの業界に刺激を与えることを期待しています。
ナレイさんの目指す仕事についてはよくはわからないですが
なんとなく仕事についてしまう人と違って
>精神科医とは是非連携取ってやって行きたいと思う。
と抱負を語るナレイさんの姿勢は大好きです。
2011/09/13(Tue) 10:20 | URL  | カプチ #-[ 編集]
Re: カプチさん
こんにちは、と言ってももうおはよう、ですね。
返信がおそくなりました。
コメント、ありがとう。

いや~私もそんな、大層なもんじゃないんです。
ただ、PSWと言う職そのものより
その職に就きたいと思った「動機」が私の場合大きかったのかな・・と。

多少だけど現場を見て来て
そこで出会ったベテランPSW。
元々ふくし職なんて嫌いなんだけど、「こんなPSWもいるんだ・・・・」と、
その影響が大きくてね・・・。

このために通信制とは言え大学入学・卒業までしたんですもの~~~
国家試験受験資格の最低ラインが大卒だったのでね。

バイトしながら、ときにそれすらやめて、
この年になって4年かけて卒業するまで・は本当に辛かったです。
「通信制ってキツイんでしょ?私とても無理!意志弱いから」
と、周囲に言われる度
(私だって弱いよ・・・・・・でも出たかったから弱くてもやるしかなかったんだよ・・)
と、内心いつも思ってました。

自分との闘い とよく言われるけど、
通信制の勉強は、まさにその一語に尽きますね。
(ってろくに勉強してないんだけど~)
でもあのときほど、マラソンランナーの気持ちがわかる気がしたことはありませんでした。
キツくて、
でも、誰にも、強制もされない、寝たければ隣にソファもある、
そんな「誘惑」を何とか振り切って、泣きながらこの机に向かってた日もありました。

遠方とはいえ、大学仲間や講師たちの後押し、実習先施設のスタッフの方々、
皆さんの支えのお陰で、何とか卒業出来たのだと
いつも、感謝している私です。

って、なんか大学時代の話になってしまいましたが、
そんな思いをして卒業したのだから、先ずは資格取得・・・・したいな・・と
思っている私です。
2011/09/14(Wed) 07:29 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック