FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
街燈の明かりが

秋の寒さを 告げている

半分裸になった木が

私の孤独を 物語る

信号機の 赤が

ひとりの私を 照らしてる







秋の寒さは

私の心に 刺さって来る

秋の寒さは

私を ひとりに追いやって

知らん顔してる





秋が 痛い

ひとりが 痛い

信号機の赤が 痛い

秋は いつでも残酷だ







秋が運んで来るのは 孤独

秋が運んで来るのは 憂鬱

秋が運んで来るのは 涙






木の葉と一緒に

孤独の風が 街中に舞う






秋の気配が

私を 襲う





秋が 痛い







ぽちで救われる私がいる 応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2014/10/20 00:49】 | 雑感
トラックバック(0) |


脇田健一
女性を上手く愛せなくて
色んな出会いが両手からすり抜けて
そんなことを思い出しながら
ぼんやり今日考えてたら

なんかこの記事見て
あーすげーーーーー寂しいなぁーって
笑っちゃいました

ありがとうございます(^^)

Re: 脇田健一さん
ナレイ
コメントありがとうございます、。


秋って、寂しいですよね。
私は秋冬がどーーーーーしても好きになれなくて。

体が寒いと心まで寂しくなるし。

いつも寂しいのに、秋か・・・・と思ってしまうんです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
女性を上手く愛せなくて
色んな出会いが両手からすり抜けて
そんなことを思い出しながら
ぼんやり今日考えてたら

なんかこの記事見て
あーすげーーーーー寂しいなぁーって
笑っちゃいました

ありがとうございます(^^)
2014/10/20(Mon) 22:14 | URL  | 脇田健一 #-[ 編集]
Re: 脇田健一さん
コメントありがとうございます、。


秋って、寂しいですよね。
私は秋冬がどーーーーーしても好きになれなくて。

体が寒いと心まで寂しくなるし。

いつも寂しいのに、秋か・・・・と思ってしまうんです。
2014/10/21(Tue) 07:33 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック