FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
そのためには先ずは国家試験パスしなきゃ、ね。
いい加減どんどん勉強しなきゃいけない時期なんだけど
でなきゃ、いつまで経っても名乗れない・・・・。
しかし、なんたって勉強嫌い・・・。
よほど追い込まれないとやらないし・・・・。

特に精神保健福祉士の勉強ってのはもう・・・
つまんないと言うか、気持ち悪いと言うか・・・。

あ、皆さんには知らない資格だったわね・・・
最近やっと
けあまねーじゃーですか?とか言われるようになって
(ケアマネは介護支援専門員)
介護のことは知られるようになったみたいね。

あとは

福祉関係の資格です と言うと決まって
ほーむへるぱーですか?

(どっちも介護なんだけど~~~~
ホームヘルパーなんかとっくに取った!)とか言いたくなる私・・・・。

大体、福祉職の名称からしてどれも同じようで訳わからんよなあ、確かに。
ケアマネージャー=介護支援専門員
ホームヘルパー=訪問介護員
介護福祉士
社会福祉士=ソーシャルワーカー(SW)
精神保健福祉士=精神科ソーシャルワーカー(PSW)

介護福祉士、SW、PSWは3福祉士と呼ばれる
一応国家資格です、知られてないし
ほんと紛らわしい~~~~けど。

いかにも健全で
「さあ~!ワタシがあなたを受け止めて あげますよ~」
なんてPSWには絶対になりたくない。そんな器ねえし。

「こんちはー暑いね今日も。たばこ吸って来ていい?」
なんて、まるで関係ないかのように過ごし、
でも相手の状態の変化は見落とさない。
ただ一緒に居るだけで、話したいときに話すだけで
優しくなんかしない。

「またたばこ?もうやめたら?吸い過ぎだよ!で、
ビールばっか飲んでるんでしょ?」
なんて逆に利用者に叱られたりして。
「あなたたちと居るとね、ストレスが溜まるのよ、ストレスが!」
なんてこっちもへーきで言い返したり(笑

信頼出来る利用者に対しては、不適切発言も辞さない。

そんなヤクザなPSWに私はなりたい。
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2011/09/12 07:08】 | PSW(精神保健福祉士)
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: とある方へ
ナレイ
おお~~!とある方、
コメント、ありがとう。
とても、嬉しかった・・・!

なのでコメントの内容に触れないように、返信を。

私が利用者との、記事にあるような関係を学ぶことが出来たのも
あなたも、私の活字での話からご存知の ベテランPSWの存在
その人流 をいつも盗んでいたから。
そして私も、毎日魂を抜かれるような思いで、どっちが利用者?スタッフ?
みたいななんともコウモリ的立場で経験して来たから。

あれがどれだけ実習のときに役立ったことか・・・!
終ってみて、改めて実感したものです。

勿論、私には私流があって、その人流とはまた違うスタイルがあると思ってます。
その 私流 を生かすためにも、先ず資格取得・・・(嗚呼)
もう勉強もきぼちわりいんだけど、
ま、てきとーにてきとーに、と言い聞かせて
ゆるく行きますわ~

Re: 追伸
ナレイ
そういえば
ありました。同じような場面。

ある利用者との雑談中
「○○さんてバカじゃん?」と利用者に言われた、そのベテランPSW
「バカにバカって言われたくないなー」と(笑
「○○さん、ひっどーい!」
と、その利用者も負けずに食ってかかり
みんなで笑ってその場が和みました。

「よく来て下さいましたね~何でもお話して下さいね~~」
なんて教科書みたいな気持ち悪いのでなくて

これが現場なんだなあ・・と思ったものです。 


なってくれェ~
エリロ
ヤクザなPはナレイさんでしかできない。
(私がやろうとしてもソレはかなり…キャラが違うつうか)
クライエントさんたちにバレる~(笑)

おマジメが多いからさ、ヤクザがいいのよ。
締めるとこはキッチリ締めるじゃない?

現場という海で生き生きと泳ぐだろう貴女を待ってます。
(勝手だが)吉報を信じてるわよ。

Re: おお~エリロはん
ナレイ
コメント、ありがとう~♪

私もね、そう思っているのよ~

> ヤクザなPはナレイさんでしかできない。
私にはやっぱこれだろ?

お堅いふくし職の中で常に浮きまくって来てさ、
それでもやるなら、

不適切発言ガンガン飛ばしーの、
不真面目さ丸出しーの のPSWしかねえだろ?と。

勿論これをやるには
本気で相手を信じられるようにならんと出来ないことだけどね。

で、出来ないときや困ったことがあったらもう利用者にも
「ちょと助けて~私できない~~~」と頼る。
利用者の中には、病気 と言っても
私にはない才能持った人が沢山いるからね。

「パンツの裾がさあ、ほつれちゃったんだけど私裁縫できない~~やってー」
なんて頼めば、喜んでやってくれる人はいると思う。

「自分の弱さを相手に見せられることが、あなたの最大の強み」
実習指導の方が私にくれた言葉、いつも大事にしてる。

実習初期の私は、緊張しまくって、利用者さんに
「ちょっと○○さん助けて助けてーどうしよう~もうプルプルしてんの~
私ダメなのよ~じっしゅうとかさあ~緊張して~~~~」と
ホントに言ってたからね。

でも後々になって考えたら、あれで良かったんだなあと思える。

あれが、私流かなあ、とも、思ってる。

・・・・・なんて、それもこれも国試に受かって
更に現場が持てれば・の話 なんだけどね・・・・・・(哀
今度こそ吉報を届けたいけど・・ね・・・(だんだんトーンダウン・・・

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/09/12(Mon) 10:34 |   |  #[ 編集]
Re: とある方へ
おお~~!とある方、
コメント、ありがとう。
とても、嬉しかった・・・!

なのでコメントの内容に触れないように、返信を。

私が利用者との、記事にあるような関係を学ぶことが出来たのも
あなたも、私の活字での話からご存知の ベテランPSWの存在
その人流 をいつも盗んでいたから。
そして私も、毎日魂を抜かれるような思いで、どっちが利用者?スタッフ?
みたいななんともコウモリ的立場で経験して来たから。

あれがどれだけ実習のときに役立ったことか・・・!
終ってみて、改めて実感したものです。

勿論、私には私流があって、その人流とはまた違うスタイルがあると思ってます。
その 私流 を生かすためにも、先ず資格取得・・・(嗚呼)
もう勉強もきぼちわりいんだけど、
ま、てきとーにてきとーに、と言い聞かせて
ゆるく行きますわ~
2011/09/12(Mon) 12:38 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
Re: 追伸
そういえば
ありました。同じような場面。

ある利用者との雑談中
「○○さんてバカじゃん?」と利用者に言われた、そのベテランPSW
「バカにバカって言われたくないなー」と(笑
「○○さん、ひっどーい!」
と、その利用者も負けずに食ってかかり
みんなで笑ってその場が和みました。

「よく来て下さいましたね~何でもお話して下さいね~~」
なんて教科書みたいな気持ち悪いのでなくて

これが現場なんだなあ・・と思ったものです。 
2011/09/12(Mon) 13:21 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
なってくれェ~
ヤクザなPはナレイさんでしかできない。
(私がやろうとしてもソレはかなり…キャラが違うつうか)
クライエントさんたちにバレる~(笑)

おマジメが多いからさ、ヤクザがいいのよ。
締めるとこはキッチリ締めるじゃない?

現場という海で生き生きと泳ぐだろう貴女を待ってます。
(勝手だが)吉報を信じてるわよ。
2011/09/13(Tue) 00:20 | URL  | エリロ #-[ 編集]
Re: おお~エリロはん
コメント、ありがとう~♪

私もね、そう思っているのよ~

> ヤクザなPはナレイさんでしかできない。
私にはやっぱこれだろ?

お堅いふくし職の中で常に浮きまくって来てさ、
それでもやるなら、

不適切発言ガンガン飛ばしーの、
不真面目さ丸出しーの のPSWしかねえだろ?と。

勿論これをやるには
本気で相手を信じられるようにならんと出来ないことだけどね。

で、出来ないときや困ったことがあったらもう利用者にも
「ちょと助けて~私できない~~~」と頼る。
利用者の中には、病気 と言っても
私にはない才能持った人が沢山いるからね。

「パンツの裾がさあ、ほつれちゃったんだけど私裁縫できない~~やってー」
なんて頼めば、喜んでやってくれる人はいると思う。

「自分の弱さを相手に見せられることが、あなたの最大の強み」
実習指導の方が私にくれた言葉、いつも大事にしてる。

実習初期の私は、緊張しまくって、利用者さんに
「ちょっと○○さん助けて助けてーどうしよう~もうプルプルしてんの~
私ダメなのよ~じっしゅうとかさあ~緊張して~~~~」と
ホントに言ってたからね。

でも後々になって考えたら、あれで良かったんだなあと思える。

あれが、私流かなあ、とも、思ってる。

・・・・・なんて、それもこれも国試に受かって
更に現場が持てれば・の話 なんだけどね・・・・・・(哀
今度こそ吉報を届けたいけど・・ね・・・(だんだんトーンダウン・・・
2011/09/13(Tue) 02:32 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック