FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
良いお天気

それでも窓と

私の心は 閉じたまま




私はいつも

苦しい 寂しいと言ってるけど

きっとそれは

本当は 大したことじゃないんだろう

と ふと思うときがある






木の葉が 一枚一枚落ちて

やがて はだか木になるように

自然なことを

自然な自分を

受け入れてあげないから

苦しむのだろうと






ひとひらひとひら 

落ちる葉を

誰にも 止めることは出来ない

ただそれだけのことなのに

葉が一枚 落ちては悲しみ

北風が 吹いては苦しみ

それが私なのだろうと







たかだか 葉っぱ一枚の

苦しみ






それを知っているのに

大木が 根こそぎ倒れたかのように

苦しむ私

JY-007.jpg










ぽちで救われる私がいる 応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2014/10/15 00:03】 | 考えるより感じること
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック