FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
生きるのか?

いずれそう問われる身になる私が、
そんなことを思ってはいかんのかも知れないけど、

もうわからなくなっている私がいる。

いつの年にも 咲かない桜の木を
何度見上げたことだろう。

いつの世にも 亡くなって行く人を
この若さで、何人見送ったことだろう。

夢かうつつかもわからない夜を
幾度過ごしたことだろう。

それでも太陽は
今朝もまた、私の上に
差し込んで来る。

頑張れ、私。
私の桜は、私の手で咲かせるしかないのだから。
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

【2011/09/11 07:17】 | いのちの桜
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック