FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
今の世を 「平和」と呼ぶ

確かに 焼夷弾の雨は上がった

けれど人間である以上

争いは 絶えない






私はときどき

私の上を通過して行った男たちを

思い出す

その男たちは 

既に子供を持っているのだろう

私の気持ちは 若いままなのに





私は 

心に空いた穴が 埋まるなら

どんな男の胸でも良かったし

男たちは 

若い肌なら 誰でも良かった

だから 心の穴が埋まるどころか

どんどん私の傷は 深くなった





今でもきっと 

悲しく肌を合わせる男女が

いるのだろう





「平和」の世を 生きるのは

私には長過ぎた

「平和」の世は 

これからも果てしなく続いて行く

24時間照りつける 太陽のように

終わらない





眠れない

「平和」の世から 逃げ出したい

かつて

焼夷弾の雨から 逃げ惑った

人々のように

曇る空











ぽちで救われる私がいる 応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2014/10/11 00:04】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: guestさん
ナレイ
はじめまして。

コメント、ありがとうございます。

非公開のため、内容には敢えて触れませんが
私の文章がお役に立てたなら、何よりです。

いつでもいらして下さいね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/10/13(Mon) 13:42 |   |  #[ 編集]
Re: guestさん
はじめまして。

コメント、ありがとうございます。

非公開のため、内容には敢えて触れませんが
私の文章がお役に立てたなら、何よりです。

いつでもいらして下さいね。
2014/10/13(Mon) 16:30 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック