FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
私の帰る場所は、
苦しむだけの あの家。
どこに行ったら楽になれるだろう・・・
そう思いながら歩いてた。

こうやって歩いていると
季節のうつろいを感じる。

私を置いて 過ぎ去ってしまう。
夏よ
秋の風がもう吹いているなんて
なんて酷な。
そんなことを漠然と思う。

午前中の
穏やかな空気の喫茶店で
煙草を吸い、コーヒーを味わう。

こんな当たり前のことが
なんて「贅沢な」時間。

病気は私に
当たり前の暮らしが出来る 贅沢
を、教えてくれる。

今、少なくとも私は
苦 を感じていない。

このまま「贅沢」が出来たなら。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2014/09/08 10:21】 | 獄中手記、獄中詩
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック