FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
目には見えない鉄格子の中は

とても 穏やかに見える

ソファに座ってくつろぐ者

狭い病棟内を運動代わりに歩く者

お喋りする者




だけど

目には見えない鉄格子の中は

不穏や不安

怒りや悲しみに 満ちている

病が

目に見えない鉄格子を

一層 高くしてしまう






窓の向こうに広がる

都心の美しい景色も また

目には見えない鉄格子越しに 見える





目には見えない鉄格子の中で

皆 笑って

テレビの画面を見つめながら

それぞれの苦しみを

じっと 見ている




目には見えない鉄格子の中で

皆 黙々と

ご飯を食べながら

それぞれの悲しみを

食べている

外泊届けを出して、一時帰宅しています。
まだ暑いけど、もう確実に秋の気配。
病院で着る物に困ってます~


ぽちで救われる私がいる 応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2014/09/05 13:09】 | 獄中手記、獄中詩
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック